未分類

なぜ住宅の扉は近くに配置すべきでないか

住宅の扉の配置は、よく考える必要があります。基本的には、扉はあまり近い位置に配置しないのが望ましいです。同時に開くのが難しくなるからです。

例えば家作りに関する、次のような失敗例があります。住宅の入口部分の扉を、とりあえず開いた状態にしたとします。その扉が、邪魔になってしまう事もあるのです。

例えばその入口部分の扉のすぐ隣に、リビングに通じる小さな扉があるとします。それは良いですが、問題は入口部分の扉とぶつかってしまう状態です。

仮にぶつかってしまう状態になりますと、入口の扉が開いている状態では、リビングの扉を開ける事はできません。両者を同時に開けるのが難しくなってしまう訳です。それでは生活で不自由してしまいます。

住宅の設計をする際には、もちろん扉の配置も考えていく必要があります。しかし上記のような状態は、よく見られるのです。

ですから冒頭でも触れた通り、扉同士の距離をあまり近くしないのが大切です。

Comments are closed.

Powered by: Wordpress